FC2ブログ
ども!ガンダムカードビルダー(GCB)にはまってるタロイモです^^プレイ記録やら、戯言やら、気ままに更新していきま~す(´▽`)
ジオンのタロイモ GCBまったりプレイ録
逆巻く宇宙 02
2008-01-21-Mon  CATEGORY: オリジナル小説
ルナツー宙域

 そこかしこに浮かぶMSの残骸。ジオンのものも、連邦のものも入り乱れていることが、ここ最近の戦いの激しさを思わせる。

今は小康状態を保っているこの宙域を、デブリ帯を避けながら進むジオンの艦隊があった。

 先頭にティベ級重巡を3隻、後方にはムサイ級ファルメル、ムサイ級ペールギュント、最後方にザンジバル級を配した艦隊の中央に位置するのは、遠目でもはっきりとわかる真紅の船体。流麗なフォルムが、ずんぐりとした鈍重な印象のティベ級とは大きく異なっていた。

ティベ級グラーフ・ツェペリン

 戦果を上げた者に与えられるある種の栄光。グラーフ・ツェペリンを旗艦とするこの艦隊は、ギレン・ザビ総帥直属の機動部隊、独立遊撃軍であった。

「やれやれ・・・」

 旗艦グラーフ・ツェペリンの執務室で、独立遊撃軍の司令であるタロイモ大佐は今日何十枚目かの申請書に目を通してサインをし、溜め息を吐いた。連邦軍との戦いが激化する中で、本国に提出する書類の数は加速度的に増えている。

「三日後まで補給はおあずけか。」

 もう一度、溜め息を吐く。艦隊司令官になどなるものじゃないな、と心の中で一人ごちた。部隊が大きくなるほど、第一線で指揮を執る事から離れていく矛盾。今は直属の部下であるタロ∀イモコ中佐が実戦部隊の指揮を執っていた。そして自分は、のほほんと書類整理、か。

「ふふ・・・」

 自嘲に似た笑いがこぼれた。経験の乏しいイモコ中佐のためにも、今は指揮を執ってもらうことが必要だと判断したのは俺だ。しかし、この寂しさはなんだ。やはり、第一線で働いてこそだろう。第一実戦部隊であるトップ小隊も、ここしばらくシミュレーション以外の戦闘をしていない。そんなことに、今頃気付くぐらいだ。



つづきを表示
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ジオンのタロイモ GCBまったりプレイ録. all rights reserved.